なぜ都会の人ほど満員電車に無理やり乗るのか

近頃よく聞く疑問として「都会の人ほど満員電車無理やり乗ろうとするのはなぜ?」というものがありますよね。これはとても興味深い疑問だと思います。確かに早いものだと2,3分に1本のペースで電車はやってくるのになぜわざわざ混んでいるものに乗ろうとするのでしょうか?この疑問にいくつかの私が思う理由を挙げてみたいと思います。

そもそも混んでいる駅で、1本後の電車にずらしたとしても混み具合が変わらない

これは割としょうがないものかと思います。その人が乗るためには無理やりにでも車内に入らなければいけないのだから。駅によってはどの電車に乗っても混んでいて乗れないというところがあります。昔であれば何駅か戻ったりして引き返したりすれば、比較的すいている駅などで乗ることができたのですが、今の時代そういうことをするのは無賃乗車だと言われることも多くなったので、そういう人も少なくなり1つの駅に集中して乗ってくることも多くなったのではないかと思います。

都会の人は比較的乗り換えが多い

乗り換え回数が多くなれば多くなるほど、1つの電車のずれが大きなずれになってしまうことが多くなると思います。特に東京の路線は知恵の輪のように絡み合いながらいろんな路線が動いています。もし1本でも遅れたならその遅れは次の電車への遅れを生み、またその次へと連鎖していくので1本遅れることへの恐怖が強いのではないかと思います。

時間に対して厳しくなっている

これは1つ前のものと似ていますが、正確な時間にたくさん電車が来るからこそ1分1秒の遅れも許されない社会になっているのだと思います。もちろん遅れることはいけないことなのですが、電車の混みや遅延などのやむ負えない場合は仕方ないのではないかと思います。しかし、現実ではいかなく理由であっても許してくれない人は許してくれませんし、いかなる理由であっても遅れたくない人は遅れないように頑張ります。この遅れさせない、遅れないという気持ちが強め合って多少無理やりであっても満員電車に乗ってしまうのではないかと思います。

この問題は決して悪いことではないのですが、みんながみんなこのような気持ちでいるとお互いにストレスや不快感を生み出します。これからは少しこころのゆとりを持つことも大切なのかもしれません。

コメントを残す