富士急ハイランドが入園無料に!はたしてお得?

7月14日から富士急ハイランドは世界一のアミューズメントパークへと進化させるために入園無料化されることになりました。しかし、はたして入園無料化は利用者にとってお得になっているのでしょうか?

富士急ハイランドとは

大自然に囲まれた富士の裾野にあるアミューズメントパーク、富士急ハイランド。現在、園内には世界記録に認定された“世界一”のアトラクションを多く備え、富士山を眺めながら多彩な遊戯施設を楽しむことができます。ご存じ“キングオブコースター”「FUJIYAMA」、総回転数世界一のコースター「ええじゃないか」、最大落下角度121度の「高飛車」、加速度世界一の「ド・ドドンパ」、世界最怖のホラーハウス「絶叫・戦慄迷宮」など、絶叫をお約束するアトラクションが盛りだくさん! 老若男女を問わず、目的に合わせて一日中楽しむことができます。

公式サイトより

 

富士急ハイランドを知らない人は少ないと思いますが、国内の遊園地ランキングにもランクインしている有名な遊園地です。富士急ハイランドはギネスにランクインするほどのジェットコースターやとても大きなお化け屋敷などがそろっており、絶叫に特化しているアミューズメントパークであると同時に、「トーマスランド」や「リサとガスパールタウン」タウンなどの子供連れの家族なども楽しめるエリアもあるアミューズメントパークでもあります。

入園無料化とその活用法

今回の入園無料化では、フリーパスの料金は変わらないまま、入園料が大人1500円、子供900円だったのが無料になりました。それに伴ってアトラクション自体の料金は値上げされています(詳しくはここで)。このことを考えると、一日楽しむのだとしたらフリーパスを使った方がお得になるでしょう。しかし、入園料が無料になることでよくなることは少しの時間で立ち寄れるようになったことです。富士急ハイランドに1本だけジェットコースターに乗ることができたり、入って乗らずにレストランや施設自体の雰囲気を楽しみに行くこともできます。また、富士五湖や富士山など近くに刊行しに来た後のお土産を買う場所としても活用が可能になってます。

今回の入園無料化はもちろん混雑具合などによっても変わるが、アミューズメントパークとしての活用の幅が広がったことで、さまざまな用途での利用ができるようになったことなども含めてとてもよい改革なのではないかと思います。皆様もよく調べてお得に使いましょう。

コメントを残す