Virtual YouTuber(バーチャル・ユーチューバー)

最近、といってももう何年も前のことですが、YouTuberと呼ばれる人たちが生まれました。YouTubeに継続的に動画をあげている人、さらにはそれで広告収入を得ている人たちのことを指します。はじめしゃちょーやヒカキンをはじめとした、ざっくりいうと、職業「YouTuber」です。

YouTuberはもはや非常にメジャーになってきて、アンケートでも子供のなりたい職業上位としてあがってくるようになりました。アンケートによっては1位になっているものもよくみられます。多種多様なYouTuberですが、近年そこに、バーチャルが進出してきました。Virtual YouTuber、通称VTuber(ブイチューバー)の誕生です。

バーチャルが進出してきた、ってどういうこと?と当然思うと思います。VTuberは生身の人間が映っている訳ではなく、アニメのようなキャラクターが出演しているのです。しかし、アニメと違うのは、アニメーションが作画によって作られるのではなく、3Dのキャラクターを先に作って、それを動かしている、ということです。キャラクターさえ出来てしまえば、いつでも動かせる、つまり生放送に対応した、というところが決定的な違いと言えるかもしれません。

有名なVTuberたち

キズナアイ(Kizuna AI)

VTuberの中で最も有名なのがキズナアイです。チャンネル登録数200万弱(6/29現在)とYouTuber全体からみてもかなり上位に入ってきています。彼女のファンをキズナー(kizunner)と呼び、キズナーはもはや一大勢力と言っても過言ではありません。

A.I.Channel

電脳少女シロ

普段の可愛らしい声と、戦闘系ゲームで時折聞かれる声のギャップが魅力的と言われ、Twitterのハッシュタグ #SiroArt にあがるファンアートでもそれをテーマにしたものが多くみられます。彼女のファンはシロ組と呼ばれます。

Siro Channel

輝夜月(カグヤルナ)

ストロングゼロで有名です。彼女自身がストロングゼロと言われるような、中毒性を持っています。首絞めハム太郎とも言われるほど声が特徴的で、パワフル(?)な印象を受けることが多いでしょうか。

Kaguya Luna Official

みここ(バーチャル狐娘Youtuberおじさん。)

ねこます、という中の人が、普通におじさんの声でやっているというある意味異色のVTuberです。VTuberとしてももちろんですが、アバターと性別の壁をぶち破った破城槌としての功績が大きいです。VR界隈において、性別がいかに曖昧か、見た目がいかようにでも変えられる、という変革も、ねこますさんなしには見られなかったでしょう。

けもみみおーこく国営放送

ここまで4人が非常に有名なVTuberですが、のらきゃっと、ばあちゃるをはじめ、他にもたくさんのVTuberがいます。YouTubeにとどまらず、バーチャルSHOWROOMERとして東雲めぐが出てきたりと、より多種多様になっています。今後はどのような発展を見せるでしょうか。

コメントを残す