Progate、プログラミングを始めたい人のためのサービス

最近プログラミングに興味があるんだよなー、って人いませんか?「逃げるは恥でも役に立つ」という漫画が、数年前にドラマ化され話題になりましたが、星野源の演じる津崎はITエンジニアとしてプログラミングに長けている人でしたね。

プログラミングって難しそう?本当に?

では、プログラミングを勉強したいと思ったときに、何をすればいいのでしょう。

本を一冊買ってそれ通りにやる、というのも1つだと思います。名作と呼ばれる本はいくつもありますし、1冊持っておけば後から何度でも見直せる、というのは大きなメリットです。でも、私が勧めたいのは「Progate」というプログラミング学習用のサービスです。

一番大変なのは始めること

少し話が逸れますが、プログラミングを勉強しようと考えたときに一番大変で、詰まることって何か知っていますか?

実はプログラミングをできるようにするまでが一番大変だったりします。この作業を環境構築といいます。周りに得意なひとがいてある程度手伝ってもらうならいいですが、必ずしも得意なひとがいるわけではありません。そもそも環境構築に時間がかかって、やっと始めたと思ったのに、プログラミングが自分に合ってないな?と思うことだってあるわけです。難しいとこは一旦飛ばして、簡単なところから勉強したいと思うわけです。

本で勉強することの最大のデメリットは環境構築が必要なことです。もちろん、本の中にも環境構築の仕方は詳しく書いてあるのですが、プログラミングの仕様というのは割とすぐに変わってしまいます。微妙に変わったせいで出来なくて、調べてみたら知らない単語がたくさん出てきて挫折、なんてよくある話です。

一番簡単な始め方

でも、Progateは違います。面倒な環境構築をすることなく、プログラミングの簡単な部分から学ぶことが出来ます。無料で勉強できる範囲もそこまで狭いわけではなく、自分に合ってるかどうかをみるには十分な量が体験できます。有料会員であっても月額980円なので、変に本を何冊も買ってしまうよりも安く学習をすすめることができます。月額でも支払いがあることで背中を押してもらう、なんて効果も期待できるかもしれませんね。

言語別、目的別にコースが用意されているため、いまいち何をやっていいか分からない、なんて人もとりあえずで始めることができます。また、スマートフォン向けのアプリもリリースされています。6/9現在ではそこまでコンテンツが充実しているわけではありませんが、移動時間なども軽く勉強したい、という人にはピッタリかもしれません。プログラミングの雰囲気だけでも味わえる、という点ではアプリの方がいい場合もあるかもしれません。

プログラミングに興味がある人はProgateから始めてみましょう!

Progate

コメントを残す